今日も雨そして…

  • Day:2012.01.23 23:00
  • Cat:日常
日曜日の昨日は確かに気温が上がりましたが、それでも一ケタ台。
午後になって雨が上がり、夕焼けも覗きました。
どこに行こうか?
迷いましたが芦花公園を選びました。
案の定ドロドロの地面。
ここの土は、粘土質なんです。
この1ヶ月間の乾燥で、サラサラに乾いた土でしたが、
この数日で見事に泥ネバが復活してました。

走るお友達が少なかったせいもありますが、
花も花鈴も、足場が悪いので走ろうとしません。
1時間程遊んで帰ろうと、2頭をリードに繋いで出口に向かったところ、
傾斜地なドッグランなので、2頭がコンビ良くダッシュしてしまい、
いつもなら両足で踏ん張って止めるのですが、
止められず足を取られて見事に尻もちつきました(笑)

バックがクッションになったおかげで、それほどひどくはなかったですが腰を打ちました。
今日は湿布だらけです。
感情的に叱ってはいけないのですが、叱りました。
そのせいか、その後は引っ張りが弱くなりました。

今朝の散歩でも、母の歩調を気にする感じがありました。
特に花鈴が母にアイコンタクトするので、
「進むよ」と声をかけると進みます。
「待って」とリードが張ると待ちます。
追いかけるものがいない事が限定ですが…

いつも感じてたことなのですが、
甘い言葉で声をかけても聞き流されてしまいます。
必要な指示ならば、強い口調(=叱る?怒る?)だとすぐ伝わります。
「いけないよ~」ではなく「ダメ!」…と言う感じ。

体罰ありきな時代に育ち、体育会系な学生生活だったので、
今の教育方法とは違う世の中で育って来た母です。
褒めて育てるのが苦手です。
でも頑張って「怒らない、叱らない」を実践してみようとは思いましたが限度があります。
頭の良い子たちなので、オヤツに頼りすぎてもその時だけです。
使いこなす技量が必要だと思います。

叱らない=甘やかす…ではないので、
メリハリつけて声かけして行こうと思います。

しつけの考え方には幅があります。
力で押さえつける方法もまだあります。
絶対に叱らない…と言う真逆な方法もあります。
自分の犬がどんな性格で、
自分とどうつながりが出来ているかで接触方法が違うと思います。

とても人間を恐れている子に対しては、叱ってはいけないと思うし、
その犬と飼い主との組み合わせで対処方法は変わってくるのでしょう。

そんなわけで腰が痛い母ですが、
雨なのでご近所散歩だけだったから何とか行って来ました。

最近のガウガウ遊びに変化があったので動画に撮りました。
動きよりも唸り声がうるさくなってきました。
ズ~っと唸っているのが花鈴です。
寝転がるのは花です。







今日は夜から雨の予報だったのですが、午前中から降り始めました。
そして2時間前ぐらいから雪混じりになり、
今では完全に雪となりました。


2012.1.23雪だ~1


2012.1.23雪だ~2


10時半現在でこれだけ積もりました。

雨だと、わざわざ出て遊びませんが、雪とわかると飛び出して行きます。
北海道犬ですから、雪は大好きなんでしょう。
花鈴は、コッコの時のように、降る雪をパクパク食べていました。

この後、何時まで降り続くのかわからないですが、
明日の朝には、まだ残っているでしょう。
日中の天気は急速に回復するそうなので、早起きして遊ぼうね♪




「ポチ」っと応援お願いします♪
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。