狂犬病予防注射

  • Day:2015.05.02 22:00
  • Cat:日常
今日も夏日。
まだカラッとした暑さだし、
朝晩は涼しくなるので、家の中にいれば問題ありません。

花地域の狂犬病予防注射は、4月中に最寄の動物病院にて接種です。
北海道に行かなくなったので、ノンビリしていたら、
30日の最終日になってしまいました。

まずは花から…





昨年の手術後、3ヶ月くらいは気にならなかったのですが、
換毛が終わって、被毛が生え揃うのと平行して、
脂肪も付きはじめました。
体重は、手術時から1.5kg増えて18. 2kgでした。
フィラリアの検査と同時に、一般の生化学検査もしておきました。

全体的に問題なしだったのですが、
今まで何度か検査した時にも肝機能関連のALKP(ALP)が引っかかることがありました。
引っかからない時もあったので様子見していたのですが、
今回は、今までで一番大きな数値だったので、
服薬して結果が変わるかを見ることにしました。
これは、ジャーキーが大好きだと出やすいようです。
要は、人間同様に油なのかな~?(笑)

これは、肝炎とか肝機能の問題ではなく、
肝臓に胆石のようなものが出来ている状態。
薬で溶かすことが出来ればベストなんですが…
石が大きくなってしまうと、また開腹手術になってしまいます。
出来れば避けたいですよね。

次は花鈴。





体重は、17. 85kg。
三頭の中で最も大きな声を出す子です(笑)
2回くらい危険な叫びがありましたが、
爪切りほど時間がかからないので、わりと楽に済みました。


最後に竜牙。





体重は20. 2kg。
ちょっと増えました。
花鈴と比べたら、とっても楽に出来ました。

三頭共に、体温測定と採血時は多少なりとも抵抗しますが、
注射を打つ際は、平然としています。
背中は平気なんですね。

注射料が、3,100円(100円値上がり)
注射済票交付手数料が、550円
フィラリアの検査が、1,800円
フィラリア予防薬(チュアブル)が、2,000円

これの三頭分に、
花の生化学検査が5,800円
内服薬(ウルソ)30日分が7200円+処方料500円
消費税も加わって、1年で1番医療費がかかる日が終わりました。

5月1日の昨日、早速フィラリアのお薬を服用開始。

ノミ・ダニのお薬は、
今までコンフォティスと言うお薬を使っていましたが、
粒が大きくて、匂いも薬っぽいので、
喜んで飲んではくれませんでした。
そこに、飲みやすそうな(食べやすそうな?)チュアブルタイプの薬が出たので、
ゴールデンウィーク後に取り寄せてもらうことにしました。

参照:ネクスガード

フロントラインプラスやコンフォティスよりも1割程度お高めですが、
飲みやすそうだから使ってみようかな~と思います。

以前も書きましたが、我が家が飲み薬に変えたのは、
フロントラインプラスだと、上手につけられず、
ちゃんと全身に行き渡っているのかが不明だったから。
被毛に異常が出たと言うお友達もいましたしね。
あと、水遊び大好きなワンズなので、いつ濡れても大丈夫なように。

飲み薬の場合は、ノミやダニが食いついてくれなければ効力は発揮しません。
食いつく前にウロウロしてるノミやダニは、気をつけなくちゃいけないので、
フロントラインスプレーを併用しようとも考えています。

接種後のワンズの様子も変化なし。
今年も無事に終了しました。
先月、花鈴&竜牙のワクチンが済んでいるので、
あとは、6月に花のワクチンを残すばかりです。



                上から、花・花鈴・竜牙の鑑札です。





連日の夏日。
散歩時の水分補給時にも水浴びが欠かせません。
水遊びに出かけようね~♪


ランキングに参加しています。
バナーをポチッとお願いします♪
      ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。