「紀州犬射殺」に思うこと…追記あり

  • Day:2015.09.26 20:17
  • Cat:日常
長雨が途切れて、秋晴れのシルバーウィークでした。
敬老の日が月曜日で、秋分の日が水曜日になると、
間の日も休日になるシルバーウィーク。
次は2026年に予定されてるようです。

我が家は、
父が、前半に九州のえびの高原でイベントがあったので、
お供しようと思えば出来たのですが、
月末から北海道と言うこともあり、同行はやめました。
お姉ちゃんは、大阪のユニバーサルスタジオやらetc…
独身貴族(古い?)を謳歌しておりました。

そんなお姉ちゃんが、いろんなお土産を買って来てくれたけど、
その中でワンズの物がひとつ。





中身は、人間のおせんべい(笑)
ちょっと小さいけど、底には滑り止めも付いてるお皿です。
おいしいお水でも入れてあげましょうかね(笑)



                久しぶりに会えたお友達ワンコ達と…


そんなシルバーウィークの一週間前、
紀州犬の事件がありました。
日本犬でなくても、
犬の咬傷事件はありますが、
今回の警察官の発砲にはビックリ。

もっと獰猛な犬種(闘犬など)での事件でも、
射殺と言う結果を聞いたことはなかったと思います。
今回以外は、飼い主が制御出来たからなのかも知れませんが、
今回のように飼い主さえも制御が出来ない場合は、
警察全体として当然の対応なのでしょうか?

猪や鹿などが住宅街で暴れても、
いきなり発砲と言うことは聞いたことがありません。
だいたい「犬が人を咬んでいる」と言う通報に何も用意せず向かった三人て…
素手で捕まえられると思っていたのか?
何かあったら撃っちゃえば良いと言う考え?

今回のケースも飼い主が全て悪い。
犬を上手に飼えないうえに、劣悪な環境で放置。
このご家庭は、犬を飼う以前に生活自体も荒れていたようなので、
二階のベランダにいたはずの子が、
逃げ出す隙も作ってしまったんでしょうかね。

やっとの思いで自由を得た彼、
人間との触れ合いを教えてもらえなかった彼は、
ほんのわずかな自由の後、短い生涯となってしまったわけです。

防犯ビデオで尻尾振りながら飼い主の元に行ったところを見ると、
まだ、なんとかなりそうな段階だったような気もするのだけど…

この事件は、犬相手のせいか、
大きな問題にはならずに終わっちゃうのかな?
発砲が正当化されたまま?
疑問だらけです。
まさか犬が死んで終わりってわけではないですよね。
なんともやりきれない事件でした。

我が家の北海道犬も、
一般の方から見れば怖い犬種だと思います。
この仔達が自由を求めて外に出たいかどうかはわからないけど、
こう言った「もしも…」のことも気をつけなければと思います。



              人間を嫌いにならないでね。


母に向けたこの眼差し。
この子たちからの信頼に背くことのないように…
人間と犬との共生に幸多かれと願うばかりです。


<オマケ>



              お姉ちゃんのオヤツに注目してるワンズ(笑) 


シルバーウィークも終わり、9月もアッという間に過ぎて行きます。
来週から、ちょっと遅い父の夏休みが取れました。
今年も北海道旅行に行けます。
今回は9日間。
往復の行程があるので、道内で遊べるのは6日間しかありませんが、
今年は、旅行中に展覧会がないので
今まで行ったことのない所にも足を向けたいと計画を練っていま~す♪


9/27追記

コメントくださったみなさん、ありがとうございます。
 (コメ返しは、出かける前に必ずしますので、しばしお待ちくださいね)
今回の事件は、心の痛む事件でした。
私の記録(このブログ)として、何かしら残しておきたいと思い記事にしました。

更新してすぐ後に、Twitterでこんな記事を見つけました。
犬飼として、今ひとたび心引き締めると同時に、
「犬の立場から、初めて会う人に対してこんな風に接して欲しいんだ」
と言うことが、よくまとまっているものだったのでリツイートしたのですが、
ここでも紹介させてください。

初めて会う犬を安心させる3つのルール



ランキングに参加しています。
バナーをポチッとお願いします♪
      ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。