「紀州犬射殺」に思うこと…追記あり

  • Day:2015.09.26 20:17
  • Cat:日常
長雨が途切れて、秋晴れのシルバーウィークでした。
敬老の日が月曜日で、秋分の日が水曜日になると、
間の日も休日になるシルバーウィーク。
次は2026年に予定されてるようです。

我が家は、
父が、前半に九州のえびの高原でイベントがあったので、
お供しようと思えば出来たのですが、
月末から北海道と言うこともあり、同行はやめました。
お姉ちゃんは、大阪のユニバーサルスタジオやらetc…
独身貴族(古い?)を謳歌しておりました。

そんなお姉ちゃんが、いろんなお土産を買って来てくれたけど、
その中でワンズの物がひとつ。





中身は、人間のおせんべい(笑)
ちょっと小さいけど、底には滑り止めも付いてるお皿です。
おいしいお水でも入れてあげましょうかね(笑)



                久しぶりに会えたお友達ワンコ達と…


そんなシルバーウィークの一週間前、
紀州犬の事件がありました。
日本犬でなくても、
犬の咬傷事件はありますが、
今回の警察官の発砲にはビックリ。

もっと獰猛な犬種(闘犬など)での事件でも、
射殺と言う結果を聞いたことはなかったと思います。
今回以外は、飼い主が制御出来たからなのかも知れませんが、
今回のように飼い主さえも制御が出来ない場合は、
警察全体として当然の対応なのでしょうか?

猪や鹿などが住宅街で暴れても、
いきなり発砲と言うことは聞いたことがありません。
だいたい「犬が人を咬んでいる」と言う通報に何も用意せず向かった三人て…
素手で捕まえられると思っていたのか?
何かあったら撃っちゃえば良いと言う考え?

今回のケースも飼い主が全て悪い。
犬を上手に飼えないうえに、劣悪な環境で放置。
このご家庭は、犬を飼う以前に生活自体も荒れていたようなので、
二階のベランダにいたはずの子が、
逃げ出す隙も作ってしまったんでしょうかね。

やっとの思いで自由を得た彼、
人間との触れ合いを教えてもらえなかった彼は、
ほんのわずかな自由の後、短い生涯となってしまったわけです。

防犯ビデオで尻尾振りながら飼い主の元に行ったところを見ると、
まだ、なんとかなりそうな段階だったような気もするのだけど…

この事件は、犬相手のせいか、
大きな問題にはならずに終わっちゃうのかな?
発砲が正当化されたまま?
疑問だらけです。
まさか犬が死んで終わりってわけではないですよね。
なんともやりきれない事件でした。

我が家の北海道犬も、
一般の方から見れば怖い犬種だと思います。
この仔達が自由を求めて外に出たいかどうかはわからないけど、
こう言った「もしも…」のことも気をつけなければと思います。



              人間を嫌いにならないでね。


母に向けたこの眼差し。
この子たちからの信頼に背くことのないように…
人間と犬との共生に幸多かれと願うばかりです。


<オマケ>



              お姉ちゃんのオヤツに注目してるワンズ(笑) 


シルバーウィークも終わり、9月もアッという間に過ぎて行きます。
来週から、ちょっと遅い父の夏休みが取れました。
今年も北海道旅行に行けます。
今回は9日間。
往復の行程があるので、道内で遊べるのは6日間しかありませんが、
今年は、旅行中に展覧会がないので
今まで行ったことのない所にも足を向けたいと計画を練っていま~す♪


9/27追記

コメントくださったみなさん、ありがとうございます。
 (コメ返しは、出かける前に必ずしますので、しばしお待ちくださいね)
今回の事件は、心の痛む事件でした。
私の記録(このブログ)として、何かしら残しておきたいと思い記事にしました。

更新してすぐ後に、Twitterでこんな記事を見つけました。
犬飼として、今ひとたび心引き締めると同時に、
「犬の立場から、初めて会う人に対してこんな風に接して欲しいんだ」
と言うことが、よくまとまっているものだったのでリツイートしたのですが、
ここでも紹介させてください。

初めて会う犬を安心させる3つのルール



ランキングに参加しています。
バナーをポチッとお願いします♪
      ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

今回の紀州犬の事件について、
文章が上手でない私は、
あえて書かずにおりました。
白花母さん様が書かれたこと、
全てうなずてけてしまい、
思わず「そうだ、そうだ」と読みながら頷いてしまいました。
犬に責任はない、
全ては飼い主の問題ですよね。
ビデオを見る前まで正直実感が湧かなかったのですが、尻尾を振って飼い主に近づいている姿を見たら胸が締め付けられてしまいました。
過酷な状況下に置いた飼い主に、
尻尾を振っていくなんて
・・・厳しい環境の中での彼の日々を思う時、本当にやるせなく、憤りさえ沸いてきました。
そして、改めて私自身、犬に対しての知識や、理解を深めなければいけないと強く思いました。
また、虐待、飼育放置といった人間の身勝手な行為がなくなることを切に願うばかりです。

秋の北海道旅行ですね。
季節もとても良いでしょうね。
どうかお気をつけて、
楽しんでいらしてください。
北海道旅行記を待っております。
  • 2015/09/27 15:54
  • ごんじまる
  • URL
なんともやるせない事件でしたね。
今日の朝刊で「設備、しつけ飼育に落ち度」という見出しでこの5月市内でドーベルマンの咬傷事件のその後に記事が載っていました。
事件を起こした犬は(本当に事件を起こしたのは飼い主だと思うのですが・・・)今、引き取られたトレーナーさんのもとでトレーニングも受け、受け入れ先の飼い主も決まったようです。
事件をきっかけに「もしもの時」のため飼い主としてできる限りの事を我が家の犬のため、自分に関わりがある犬のためにして行きたいと思っています。

来週から北海道旅行ですか。
気をつけていってらっしゃい。
お土産話楽しみにしています。
  • 2015/09/27 16:53
  • まりも
  • URL
  • Edit
人として考えて欲しい。事件でした。
白花母さんこんばんわ。
この問題(事件)は、おっしゃる通りだと思います。

私は以前に先住犬の北斗を迎える時、友人から「犬の十戒」というビデオを見せていただきました。

あの中の言葉は今も忘れません。

今回の事件で、私も飼い主が一番責任があるし、

「撃っても良いですか?」との警官の質問に
「了承した」事が信じられないと、同時にそういう方だからこのような事件にもなった。と感じました。

1)可愛がっている家族であるワンズを撃って良いとうなずけた事。

2)動物保護の専門家に相談・出動の依頼もせず、簡単に銃口を向けた警察・行政。

3)民家の立ち並ぶ住宅街で、流れ弾の事も考えず、ためらいもなく何人もの警官が犬に乱射した事。

犬と偶然にも遭遇した方々もそれはお気の毒だし怖かったことだと思います。

そして、自分を一番に守ってくれる飼い主の前で銃口を向けられ乱射されたこの子はどんなに怖かった事でしょう。

犬に関する気持ちは人それぞれです。嫌いな方もいらっしゃって当然です。

ただ可愛いから、好きだからと、安易に飼わないで欲しい。
その子の命が尽きるまで。

犬にとって私たちがすべてなのだから。

そんな事を思った事件でした。みなさんのおっしゃる通り。今家族としている北海道犬をこのような悲しい思いをさせないようにともに暮らして行きたいと思っています。

白花母さん。記事にしてくださってありがとうございました。
ごんじまるさんへ
コメントありがとうございます。
それぞれのご家庭で、それぞれのルールの元で飼われるのですから、
違いが出るのは仕方ないことですが、
あまりにひどい時は、何か手だてが欲しいですね。

最低限、自分の仔は幸せにしてあげましょうね。

この先の天候、あまり良くないみたいなんです。
寒いのは大歓迎なんですが、
雨振らないでくれると良いな〜と願ってます。
まりもさんへ
こう言った事件は、どこでもありますが、
その後どうなったのかはわからずじまいなことが多いです。
そちらのドーベルマン君は、生まれ変わって新たな犬生を送られそうで嬉しいですね。

私たちは、他所のワンコに何もしてあげられませんが、
せめて、自分に関わるワンズだけでも納得のいく生活を送らせてあげたいですね。

北海道…天気予報は良くないのですが、
遊べるだけ遊んで来ま〜す♪
ホクママさんへ
「犬を飼う」と言うことが、あまりに簡単すぎるんですね。
どこかの国では、犬猫にも人権(犬権・猫権)を…と言う法案が出ているそうです。
まずは、生体販売から見直していかなければいけないんでしょうね。
利益だけで繁殖をさせている人がいる。
利益のために安易に売りさばく業者もいる。
そして、飼う側は、飼う前に、良く考えてもらうこと。
不幸な犬猫が減って欲しいものです。

みんな、大事な命。
犬は人間が大好きなはずなのですから…
それを裏切らないようにしていきたいです。
いのち
先日の紀州犬殺傷事件は本当に心が痛い事件でした。
飼い主の言動や巡査たちの無謀な発砲も腹立たしいです。

以前アラスカンマラミュートが家から出てしまった時に、捕まえてくれようとしたハスキーの飼い主さんが上から紐をかけようとして噛んだ事があって、その時の苦い経験を思い出しました。
幸い保健所で保護されていて無事に家へ帰ってこられましたが、大きな犬はその存在だけで恐怖心を持つ人がいます。

追記の 初めて会う犬を安心させる3つのルール はいちいち我が家のワンコに当てはまって納得です。
初めて会う人には犬も恐怖心を持つものだと言う事分かっていない人が多いですね。
私は噛まれたことがないのよと無防備に寄ってくるおばさんが一番怖い我が家です。

北海道旅行楽しんできてくださいね。
  • 2015/10/01 16:08
  • みやこ
  • URL
  • Edit
みやこさんへ
返事遅れてごめんなさい。
昨夜、帰宅致しました。
今回は会えた人が限られてしまいましたが、
楽しく遊んで来ました。

ワンコにも様々な一生がありますが、
みな、それぞれの飼い主さんが好きなはずです。
その信頼を受け止めてあげるのが人間の義務だと思っています。

ツイッターで「逃走した」と言う話も良く聞きます。
やむを得ない場合もあるのでしょうが、
犬のみで一歩外に出たら何があるかわかりません。
この辺りの管理も絶対が必要だと思います。

他犬への接し方、犬の好きな方なら余計知っておいて欲しいことですね。
私は、危なそうな人には「咬むかも知れませんよ」って言っちゃいます(笑)
今ごろですが・・・「お帰りなさい」
空模様を気にしながらの旅でしたね。
岩手山のいつもより早い初冠雪を確認し、少しばかり昂奮しながら、今頃走っているんだなぁと岩手山SA付近の景色を思い浮かべておりました。
余計な事、お願いしてごめんなさい。
でも、とても嬉しいです。

いつかいっぱいお喋りしましょうね。

次はどこに行くのかなぁ~
  • 2015/10/10 06:32
  • はるのおかん
  • URL
はるのおかんさんへ
行きも帰りも、おかんの近くを通る度に「今走ってるよ〜」と心から呼びかけていました。

そうそう、出発した日に岩手山の初冠雪にニュースがありましたね。
肉眼ではわからなかったけど、
9月に行った時とは違う空気、冬が近づいているのを実感しました。

紅ママさんにも、しっかりと思いを伝えておきました。
本当にいつか「もう話すことない!!」って位お話しましょう〜

次は、山梨…近場です。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。