まずは初日!

夏が戻って来た花地区。
同じ暑さでも北海道とは違う風、日中は動けませんでした。
最高気温は、33℃。
焼けた肌に日差しは痛いです(笑)



さて、短いお里帰り旅行でしたが、初日から振り返って行こうと思います。


23日土曜日。
朝のお散歩を普通にして、
当日飛行機に乗るなんてわかっていない母娘は、
出かけるまで家でゴロゴロ、いつもよりマッタリしていました。


出発地の東京国際空港(羽田)には、
よほどの渋滞でない限り1時間もかからずに着く距離です。
空港で預ける前に、ちょっと歩かせてあげようと思っていた母は、
前日、空港に問い合わせたところ、
パーキングの1Fを出た所に、ちょっとした歩ける場所があると聞いていたので、
手前の公園には寄らずに、真っすぐ空港に向かいました。





7.23羽田空港駐車場前
            良さそうな場所があったのですが…





道路は、土曜日にもかかわらず渋滞は無し。
40分位で到着しましたが…

4つあるパーキングの表示は、全て「満車」…焦りました~
仕方ないので列に並ぶこと1時間余り。
なんとか停められましたが、ギリギリの時間になってしまいました。
しかも、屋上階。

カートが置いていなかったので、空港への連絡通路がある3Fまで取りに降り、
まだ、エアキャリーに入れていなかった母娘を入れてカートに乗せましたが、
屋上階は、屋根が無いのでエレベーターに向かう入口が外側に開く観音開きで、
開けっぱなしが出来ないように、全開してもすぐ閉まってしまうドアでした。

空港のカートは、使った事のある方ならご存知だとは思いますが、
持ち手を下に押し下げるとストッパーが外れて進むようになっています。
(手を離すと止まるってことです)

押しながら、閉まってしまうドアを開けながら、
(手前にドアを開けなければならなくて、2枚共に開けないと通れません)
しかもキャリーを2個積んでいるので、それを抑える手も必要。
手と足を使って、やっと通る事が出来ました。





7.23駐車場から向かうカートにて
           やっとエレベーターに乗れる…




もはや時間など見ていません(笑)
真っすぐカウンターに向かって、ギリギリでしたが預けることは出来ました。





7.23手荷物預かりカウンターにて
           まだ状況がわかっていなかった母娘




この後母が離れて行くと、叫び声が聞こえて来ました(笑)

人間は、遅くとも保安検査場を15分前に通過すれば良いのでセーフ。
搭乗口では、まだ搭乗開始していなかったので、
お昼のお弁当と飲み物を買う余裕もありました。

出発は、少し遅れがあったようですが、
到着は、定刻通りでした。


少し慌てた出発でしたが、
札幌新千歳空港では、先に到着した人達と無事合流出来て、
お迎えの車で、むかわ町に向かいました。




7.23新千歳空港にて
           Tさんの愛車が待っててくれました。




車で40分のドライブ中は、母が目の前の座席にいたので、
グッスリ眠った母娘です。




7.23懐かしい道央道
             懐かしい道央道…




7.23むかわ町に向かう車中にて
             車中ではグッスリ寝ていた母娘





7.23Tさんの家
             明るいうちにTさんの家に着きました。





まずは、親子の対面から…




7.23親子の対面
             なに話してるのかな?



花「これがお父さんよ」
花鈴「フ~ン」

そんな事言っていたんでしょうか?
当日アップした写真より、少し寄った写真です。


5時間余り、キャリーに入りっぱなしだった母娘は、
お水をもらって、庭を散策しました。





7.23お水を飲む母娘
             やっとお水が飲めたね~












動画に出て来る右端の方(全体では、真ん中)の犬舎に2頭で入りました。
犬舎の中の2頭の顔をあまり見られず、写真も撮っていません。

でも、2頭で入っていられるなんて、花と花鈴だからこそだと思います。
仲良し親子で助かりました。



Tさんの家の中では…




7.23カイ君お出迎え
              カイ君が寛いでいました。




一息ついてから、みんなでお食事に出ることになりました。
モチロン、カイ君も一緒です。




7.23カイ君・焼き肉屋さんで伸び~
              席を待つカイ君





7.23カイ君・ビールケースの上で
             ちゃんと座って降りません




7.23カイ君・ユッケを食べる
            特製ユッケでスタミナつくかな?





こうしてみなさんとの会食後、
宿泊先のホテル四季の風にチェックインしました。

ここは、去年も泊まったホテルです。
道の駅や大浴場、レストランなども併設されています。



部屋に入って一休みの後に、屋上の展望風呂に入って来ました。
夜なので展望窓からは何も見えずでしたが、
しょっぱい温泉が懐かしかったです。

明日に備えて、早めに就寝した母でした。















1日中寝てたけど、もう元気になりました。
今度は何処に行けるかな?
花と花鈴に、応援の「ポチ」をお願いします。
        ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

むかわは、近い?
こうやって見ると、東京・むかわは意外に時間がからないものですね。
飛行時間と、新千歳空港からむかわまでが、時間がかからないせいでしょうか。
それよりも、白花母さんと、花・花鈴ちゃんの慣れのせいなのでしょうね。

鵡川町も近辺も特別な観光地というわけではありませんが、北海道らしさの出た良い所だと、改めて思いました。
鵡川から安平方面へのルートは、畑地、水田、牧場が点在し、道内屈指の穴場ドライブルートだと思います。

花・花鈴ちゃんも忙しい日程なのに、落ち着いて故郷の空気をたっぷりと味わっていましたね。
  • 2011/07/26 07:19
  • 竜二
  • URL
  • Edit
NoTitle
羽田では手も足も使っての移動?では少し大変でしたね。
不便なドアなのねぇ。
それにしても花ちゃん親子、5時間もキャリーに入っていても大丈夫なんだぁ。

飛行機にしてもフェリーにしても犬の面倒を見られない時間ってどのくらいまでなら大丈夫なんだろう…って思いますよね。

北海道から子犬を送ってもらった時も長い時間かかっているから案外大丈夫なのかなぁ…とは思うけど。

お父さんとの対面も花鈴ちゃんにとっては??だったかしら。

カイ君はやっぱり小柄ですか?

  • 2011/07/26 09:46
  • フーカママ
  • URL
  • Edit
お帰りなさい!
短い時間でしたが…たっくさん北海道の空気を吸って来ましたね(^^)

道央道…あ~走ったなぁーー! また行きた~い♪

カイ君は、専用の台があるのね(笑)
ここから降りないの?
さすがタレント犬だわね!

花鈴ちゃん、パパに会えて良かったね(^^)v
竜二さんへ
先日は、会えて嬉しかったです。

距離はありますが、飛行機を使えばこんな感じで行けますね。
花と花鈴は、空気の違いを楽しめたのでしょうか?
「家が一番」って思っていたりして…(笑)

来年は、またドライブ旅行をしたいと思っていますが、
フェリーを短くすると、函館からになってしまうし、
フェリーを長く出来るなら、苫小牧まで行けるから楽なんですけどね。
どちらにしても、涼しい時期に行きたいものです(笑)
フーカママさんへ
屋上階だけだと思いますが、不便なドアでした。
帰りは、思い切りカートごと体当たりして開けましたよ(笑)
上のキャリーが落ちたら困るので無茶は出来ませんが…
途中の点字ブロックなどが障害になることもありました。
バリアフリーが叫ばれている中、車いすの方にとっても不便な点だと思います。

キャリーの中で耐えられる時間は、慣れでしょうかね。
問題は、トイレですよね。
精神的には、飼い主の方が耐えられないのかも…
海外やフェリーも場所によっては、10数時間かかりますよね。

花鈴は「何だこいつ?」って感じでしたね~
花は、プレイバウして遊びたがってましたよ。

カイ君は、本当に小柄です。
そのせいか、コッコ達もほとんど小さめです。
花鈴は、知名度では負けますが、体格では負けていなかったです。
展覧でもいい線行ったんですよ。
それは、紅ママさんの記事で見てくださいね。
カムイ母さんへ
アッと言う間でしたが、凄く長い間言っていたようにも思えました。
それだけ濃い時間だったんですね。

カムイ母さんも、ついこないだの事ですものね。
みんなで行きたいですね~

カイ君は、お尻が半分落ちかかっても耐えていましたよ。
お腹いっぱいになったら、この上で丸くなって寝てました。

花鈴は、パパとかわかったんでしょうか?
花が教えていたかな?
この後も、スリーショットがありますので、お楽しみに…
便利ですね
飛行機でブ~ンと2頭も連れてお里がえり。
空港ではどうなるかと焦って読んでしまいました(笑)
無事間に会って良かったですね。

花ちゃん花鈴ちゃんも十分お里の雰囲気を味わってきたようで、展覧会の様子が楽しみです。
  • 2011/07/26 16:29
  • みやこ
  • URL
  • Edit
みやこさんへ
書いた以上に焦りましたよ~
JALに電話したら、後の便に乗せてもらえると言う事だったので、
ちょっと安心出来ましたが…

花は、置いて行かれるんじゃないかと心配だったようです。
花鈴は、何だかわからず楽しんでいましたね。

展覧会は、大した写真が撮れなかったのと、
たくさんのうれしい出会いがあった為に、
私の記憶容量を超えてしまいまとまらないんです。
詳しい事は、紅ママさんの方で見てくださいね(笑)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。