キャンプしよう!…「琵琶湖バレイ」で遊んだよ♪

台風12号は、日本海上で温帯低気圧に変わりましたが、
前線がある北海道の天候にまだ不安があるようです。

花地域も、不安定な天気が続いています。



キャンプの思い出の続きです。



3日目:8月29日(月)


当初、琵琶湖2泊の予定でしたが、滞在を1日長くすることにしていました。
岡山の北斗君と京都の昴流君との三家族で琵琶湖バレイに行こう…と、
お誘いいただいたからです。


琵琶湖バレイは、
冬はスキー場、夏はハイキングやトレッキングなどが楽しめるところです。
パラグライダーなんかも飛んでました。


駐車場からは、121人乗りの大型キャビンがあり、
日本最速の秒速12mで、
ロープウェイ山ろく駅から標高1,100mの山頂までは、約3分半で行けます。

ワンコは、ケージに入れれば乗れます。
数に限りがありますが、貸出もあります。
平日と言うこともあり、4頭分借りることが出来ました。




8.29行きのロープウェイ
            みんな落ち着かないようでした。




まずは、山頂ドッグランに向かいます。

朝の散歩でウンが出ていなかった母娘は、
歩きだした途端に次々と出してスッキリしたようでした(笑)





8.29山の上のドッグラン1
              まずは花鈴だけ放しました。




8.29山の上のドッグラン2
              次に花も放してみました。



最初は、良い具合に母娘で走り回ったのですが、
花は、北斗君にガウガウ行ってしまいました。
北斗君が反撃しないのを良い事に、やり放題。
何とか引き離しましたが、北斗君、怪我しなかったかな?
ごめんね、北斗君。

咬んではいないのですが、歯を立てていたので、
牙に当たればダメージは必死です(汗)
昨日もそうでしたが、花母さんの気持ちはわかりません。

その後は、小型スペースで母娘だけで遊ばせることにしました。




8.29山の上のドッグラン4
               たくさん遊んだね。






8.29山の上のドッグラン3
               男は男同士。





昴流くんと北斗君は、ロングリードでそれぞれ走って遊んでいました。


ひと遊びして、更に中腹まで歩くことにしました。





8.29さらに登るよ1





8.29さらに登るよ2





8.29さらに登るよ3





高低差何mかはわかりませんでしたが、
中腹地点でギブアップ(母だけだったのかな?)





8.29中腹地点
             ここまででバテバテでした(笑)




黄色い矢印がロープウェイの乗り場で、
赤い矢印が、先ほど遊んでいたドッグラン。
手前の「電流注意」は、夜間に鹿(?)が来ないように仕掛ける柵でした。
でも、鹿の糞は、あちらこちらに落ちていましたけどね。




8.29北斗君とパパさん
            北斗君&パパさんは、はるかかなた…




女性陣がここで止まろうとした時、
北斗君とパパさんは、米粒になるほど先に行ってました。
みんなが来ないことに気づくと、引き返して来てくれました。





8.29記念撮影
              揃ったところで記念撮影。





しばし休憩して、ロープウェイに戻ることにしました。





8.29戻りま~す1





8.29戻りま~す2





8.29帰りのロープウェイ
             帰りもケージに乗りこみました。




8.29慣れたかな?
             動きだしたら、伏せていました。




この後は、北斗家が大津で最大の棚田を見たいと言うことで、
一緒に行きました。




8.29馬蹄形の棚田
               馬蹄形の棚田




8.29棚田見える?
               棚田は見えたかな?






もう少ししたら刈り取りの時期だと思いましたが、
その後の台風で、被害にあっていなければ良いのですが…


そろそろお昼の時間となり、
比叡山ドライブウェイ入口近くのドッグカフェに移動しました。






8.29ドッグカフェ芽亜里
             芽亜里




エスニックな雑貨が置いてあるお店の一角がカフェになっています。
広いお庭がありました。

店内もワンコOKでしたが、
テラス席でそれぞれがテーブルにつく形で食事を取りました。





8.29お庭でパチリ1
              花と花鈴は、ここで待っててね。





8.29お庭でパチリ2
              昴流君は、こっちで待っててね。




8.29北斗君・疲れたかな?
              北斗君は、パパさんと…




ワンコには、オヤツ(小魚)がありましたが、
2頭だから2つはもらえず、半分づつをペロッと食べてしまいました(笑)  


父も母もお腹が空いていて、写真を撮る間もなく平らげてしまいました(笑)
エスニックで美味なランチでした(なんだかわからないですね)


お食事が終わって、
北斗家と昴流家は、比叡山延暦寺に向かうとの事でしたが、
時すでに3時を廻ったため、白花家は、ここでお別れすることにしました。


お天気に恵まれて、とても楽しい1日を過ごせました。
両家族のみなさん、本当にありがとうございました。

またいつか、どこかでご一緒出来るといいな~♪
名残惜しかったですが、お別れして琵琶湖のキャンプ場に戻りました。



帰り道、道の駅「琵琶湖大橋米プラザ」にも寄りましたが、
花と花鈴は、グッスリモードだったので車から出ませんでした。
今夜の食材になりそうな野菜をみつくろって、琵琶湖大橋を渡りました。

帰りの追い越し車線側には、メロディロードの部分があって、
法定速度以下で走ると「琵琶湖周航の歌」のメロディーが聞こえます。

しっかり聞いて来ましたよ。
動画も撮りましたが、聞こえにくいのでUPはやめました(笑)



温泉に寄って、
野菜以外の食材も調達してキャンプ場で夕ご飯です。





8.29今日の晩ご飯
              今日は焼き肉だ~♪





道の駅では、なすとミニトマトと近江牛のスープを買って来ました。




8.29変わったナス
              こんなナスでしたよ。





8.29花花鈴用のスペアリブ
              花と花鈴は、スペアリブね~




8.29早くちょうだい
           冷ましている間も、クレクレ状態でした。




琵琶湖最後の夜は、こうして更けて行きました。


明日は、移動だよ…




                            つづく…    








ドッグカフェでの写真は、母のスマホのホーム画面にも使っています。
花と花鈴に、応援の「ポチ」をお願いします。
            ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
琵琶湖とびわ湖バレイ、お疲れ様でした。

花ちゃんに嫌われた北斗は落ち込んでいました~。
というのは冗談ですが、花鈴ちゃんを守らねばという意識が強かったのでしょうか? 
母は強し!ですね。
幸いケガはしていないのでご安心を。

夕食のスペアリブ、豪華版ですね。骨ごと食べちゃうのですか?
  • 2011/09/05 21:27
  • yumin
  • URL
yuminさんへ
2日間、ありがとうございました。
それにしても、花は…気難しくなって困ります。
北斗君ごめんね~

骨ごと食べちゃいました。
以前、埼玉の川原でバーベキューした時も食べたので大丈夫だと思ったら、
今回の骨は大きかったようで、便秘しちゃいました(笑)
翌々日に出て来て、ひと安心しました。
No title
楽しい旅行になりましたね~。
琵琶湖バレイ、犬連れには最高のスポットじゃないですか!!

広い草原がステキだわ~。
犬と走ったら超気持ちよさそうです。


それにしても、スペアリブうまそう…。
みかんにじゃなくて私が食べる。
立派な母犬ですね
楽しい旅が続いていますね。
北海道犬はこの様に 旅行に連れ歩くなんて・・・羨ましい限りです。
私の飼い方では到底無理かな?

花母さんは 花鈴ちゃんを守る事で必死と思います。
最初の出会い時 初めての出会いの北斗君と花鈴ちゃんの仲を 
「北斗君は強い! 大変だ~ やられる!!」 と インプットされたのでしょうね。

もう これは中々直らないと思います。
子を守る立派な母犬ですものね。  

また 花鈴ちゃんが 母犬に成って一人立ちする時には どうなるでしょうね。
私も 未だ 綾と紅葉の間には 読み取れない事がいっぱいです。
最近は事務所でノーリードも出来ません。 紅葉が嫌います。

今朝はお腹の大きい綾の小屋に 他人が近づくと 紅葉が出てきて怒っています。
お互いに発情時期に成ると 気難しさは倍増の様です。
  • 2011/09/06 15:25
  • 紅 ママ
  • URL
くまごろーさんへ
日差しが強いと暑いのですが、
標高のせいで風は涼しいし、眺めも良かったです。
ただ、平なところではないので、
日頃の運動不足からか、
年のせいで(笑)、人間が参ってしまいました~

スペアリブは、こんな時だけのごちそうなんです。の
紅ママさんへ
北海道犬が猟に出かけることを考えれば、
家族といろいろ出かけるのは嬉しいこと。
なんて勝手に考えています。
この次のキャンプ場で、
花が取った行動は、まさに北海道犬らしいなあ~と、
感心しました。

外にいるときの花の目線の先には、常に花鈴がいます。
家にいると、それぞれ好きな場所でリラックスしています。
自分より大きくなったのに、子は子なんですね。
いつまで続くのでしょうね。

花が怒る相手に関しては、私から見るに条件的なものはわかりません。
花の感じ取る何かがあるのでしょうね。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。