ご飯をモリモリ食べようね♪

  • Day:2011.11.11 21:35
  • Cat:日常
未明からの冷たい雨が続く1日でした。
初冬の陽気だそうです。
花は、フカフカなので良いですが、
花鈴は、未だスカスカなので、
この冷気を感じて毛が早く生えそろってくれることを願います。


先月から食べている「AZ(アゼット)スーパープレミアムドッグフード」
ウンの状態も良く、余計なものが使われていないことを実感しています。

フードジプシー…と言うらしいですが、
なかなかフードが固定されないのは、
質の問題を突き詰めていくから悩んでしまうのです。

もともと、人間が楽する為に作られたのがドッグフードです。
昔の犬は、人間の食べ残しで充分育っていたのですから…

何故こんなカリカリしたものを一生食べなければいけないのか?
そんなご意見にもうなずけます。
だからと言って、手作りまでは…自信が無い。

歯に良いから?
必要とされている成分でできているから?
それも一理あるのでしょう。

ただ、栄養面を考えて作られているはずなのに、怪しい材料が使われていたり、
表示されているものを見ただけでは誤魔化されてしまうことが多いです。

母もうわさに振り回されたりしますが、
最終的には、自分が納得したものを食べさせたいです。

そして、気持ちだけですが、炊き餌を足しています。
魚のアラか鶏肉ベースで、
葉物野菜(キャベツか白菜など)、根菜類(大根やカブなど)、
イモ類(さつまいも又はじゃがいも)、緑黄色野菜(かぼちゃ又は人参)など、
その日、家にあるものを組み合わせて煮たものです。
フード1回分にお玉1杯分を混ぜ合わせてあげます。



11.10今日のご飯
          

11.10良く食べてます


1日1~2回、オヤツも楽しいね♪


11.10おやつ
        昨日は、ごはんの後(ひと休みしてから)でした。


11.10花
            花は、落ち着いて味わっています。


11.10花鈴
            花鈴は、これもガツガツ…



早く食べて、花の分ももらわなくっちゃ…って感じで、
チラチラ様子を見ながら焦って食べます(笑)

花は、ごはんを食べなくて困りましたが、
交配後は、食べるようになったので良かったです。


花と花鈴との生活の中で、
楽しいのはモチロンですが、
美味しくモリモリ食べて、充分運動(遊ばせて)して、
幸せそうに眠っている姿が、一番嬉しい瞬間です。


11.10仲良くソファーで
            ソファーで一緒に寝てました。



向かって右端に、母が座ってテレビを見ていた時でした。
基本、離れて眠ることが多い母娘ですが、
寒くなって来たので、こうしてそばにいる時間も増えて来ました。








今日も「ポチ」っと応援、お願いします。
       ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
うちもジフシーってますし、ごはんも同じような内容でーす。
ちょっとだけお肉や野菜、朝のジュースの残りなんかを足しています。
ワンコが無心にごはん食べてる姿って、ずっと見てても飽きないんですよね。
お腹がふくれて、ねむそーにして、そして、くーーーっと寝ちゃう顔見てると癒されますね。
花鈴ちゃんは両手伸ばして寝るんですね。面白いですね
北海道犬のごはん
同感。
共感。

成長期に対応するために、ドライのドッグフードだけにして、体調がよくなりました。
でも、噛み砕いて飲み込むという行為なしでは、ストレスが解消されません。

それで、白花母さんとほぼ同じ方法にたどり尽きました。
材料と調理法もよく似ています。

フードと、炊き餌を別皿にしているので、大慌てで炊き餌の皿がどちらか探す様子は、笑えますよ。
もちろん、炊き餌の皿をピカピカになめてから、ドライの皿へ行きます。

今度、おやつについても教えてください。
  • 2011/11/12 00:02
  • 竜二
  • URL
  • Edit
椿のおかあさんへ
人間の食でもいろいろあるので、犬の食も考えちゃいますね。
実家で飼っていた犬は、何も気にせずあげてましたけど長生きでした。
1頭目は、雑種で15才。
2頭目は、柴犬で16才。

我が家の先代犬(秋田犬)は、フードをあまり食べなくて、
お腹が弱い子で(体が弱かった)フードによって、ウンの具合が悪くって、
フードの中身が気になるようになりました。
それでも13才まで生きましたよ。

「これは絶対ダメ…」って言うのはわかっていますが、
時が経つにつれて、フードの種類が増えているので、
いろいろな意見を聞いていると、新しいものを試してみたくなります。

花鈴、この時は力が入ってたみたいですね。
花と比べると、なかなかグッスリ眠らない子なので…
竜二さんへ
フードと炊き餌を分けているんですね?
花鈴は、それでも両方食べそうだけど、
花は、フードがあまり好きでないのでどうなるか…?
なので混ぜ込んでいます。


オヤツは…考え方としては、基本無しなのです。
飼い主の気分…ってところが多いです(笑)

歯磨き代わり、顎を鍛える意味で堅いものを与えるのがほとんどです。
馬のアキレスが一番長持ちして良いです。
あとは、ささみ巻きガムです。
ただ、花鈴のようにガツガツ食いの子は、
あまり噛まないで飲み込むので気をつけないと、翌日のウンの時大変です(笑)
もう、噛むようになったし、消化も出来るようになったので大丈夫です。

トレーニングのために使うものは、
ジャーキー類は、なるべく素材そのままのものを探します。
魚系は、煮干しですが、人間用で塩を使っていないものをあげています。
今は、お里からいただいた鮭とばがあるので、
朝と夕の間に1~2かけらあげています。
人間用に売っているもののようなきれいなものではなく、
ただ薫製しただけのカチコチのものです。
これが結構ショッパイのです(笑)

花の仔犬時代には、オヤツを必ず用意して歩いていました。
公園で会う人たちが、みんなに配るのが習慣になっていて、
私も配らなくっちゃ…とせっせと用意してました。
でも、運動のために出かけているのに、
オヤツ目当てで向かってしまう花を見ていて違和感を覚えました。
たまにならまだしも、毎日となると…

ドッグランに通ってみて、ランの中ではオヤツはNGなので、
オヤツを介さないおつきあいが出来たのは良かったです。

たしかに、オヤツはあげる方にとっても楽しいものなのでしょうが、
いつでも気軽にもらえる…ではなく、
たまにもらえる時がある…くらいに思っていてくれれば良いかなって感じです。

社会化のためにトレーニングとして必要で、頑張っている方達もいるので、
否定するようなことは言いたくないから記事にはしません。
ただ、花と花鈴にとっては必要は無いのかなと考えています。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。