チロママさんと会えたよ♪

今日は、忙しい1日でした。

紀州犬の大宮の風ちゃんが、先月24日(クリスマスイブ)に赤ちゃんを産んで、
(そのうちに母も会いに行きたいな~とは、思っているのですが)
京都の紀州犬のチロちゃんの飼い主さん(チロママさん)が、
息子さんの家に来たついでに会いに行くことになりました。

チロママさんは、実は、北海道犬を飼いたいと思っていた方で、
いろいろ探したものの縁がなく、紀州犬を迎えることになったと言う方で、
以前、コメントをいただいたことがあり、
ぜひいつか花に会っていただきたいな~と思っていた方なのです。

風ちゃんの家でご一緒出来れば…とも考えたのですが、
時間の都合で行く事が出来ず、今回はあきらめていたのですが、
京都に帰る前に代々木公園に寄っていただける…と言うことになって、
今日、会うことが出来ました。

代々木公園では、紀州犬のキシュウ君&keiさんも来て、3人でお話しました。


チロママさんを見送った後、keiさんとランチして、
その後、代々木公園のドッグランで花と花鈴は遊びました。


5時を過ぎて、
次は、北海道犬保存会関東支部の支部会&新年会があるので、吉祥寺へ向かいました。

23年度の収支報告などの話から、
3月に行われる展覧会の打ち合わせもありました。





そして、わかったこと。
保存会の運営は、会員の会費が唯一の収入源ですが、
今まで1年分支払っていた中から、
本部へ半分以上支払われていると言うことで、
実際に支部で使える金額が半分以下であるということ。
展覧会を行うにあたって、
出陳料だけでは、赤字続きなのだそうです。

会員数も10年前の2/3に減ってしまっていました。

そこで、獣猟競技をやめたら…と言う意見が出ました。
簡単に「熊を連れてくる」…と言っても、経費がかかるのですね。
熊を使うためには許可も必要で、
普通の公園では、まずOKは出ないのだそうです。
そうなると場所代もかかります。

なんとか、行う方向で開催出来ることになりましたが、
国の財政のように、削れるところは削って、
それでも苦しいようならば、会費の値上げもいたし方ないのかな…?と、思いました。

まずは、今年の展覧会で赤字を出さないようにすること。
広告費集めや、寄付を募って行こうと思います。
会員も増やさないといけませんね。
母の力では、微々たるものかも知れませんが、
このままでは存続の危機にもなりかねないので頑張っていきたいです。


楽しかったことと厳しい現実。
忙しい1日で、写真が何も撮れませんでした。


昨日の母娘の写真ですが…





      父が展示会でもらって来たおもちゃ(1個しかないです)を間に…







「ポチ」っと応援お願いします♪
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございました
日曜日はお忙しい中、わざわざ代々木公園まで来ていただきありがとうございました!
お会いできるなんて思っていなかったのでとてもうれしかったです。
おまけに小顔で美犬の花ちゃん花鈴ちゃんといっぱい遊ばせていただき楽しいひと時を過ごせました。
帰ったらチロが「どこへ行ってたんや!」と私を嗅ぎまわっていました。
今度は是非京都でお会いしたいです。
花ちゃん、花鈴ちゃん、ありがとう!!
  • 2012/01/17 00:08
  • チロママ
  • URL
チロママさんへ
こちらこそ、お忙しい中ありがとうございました。
会うのは無理かな~とあきらめていたので、とっても嬉しかったです♪
チロちゃん、いろんな臭いがしたでしょうね。
お散歩も出来たのかな?

昨年は、琵琶湖までしか行かなかったので、次回はぜひ京都に寄りたいです。
鴨川でお散歩…楽しみです。
また、上京される時はぜひ、お知らせくださいね。
犬保存
こんにちは☆
私も先日、入会して初めての札幌支部総会に連れの代理で出席してきました。
北海道犬自体の頭数も減っていることもありますが、
会員そのもの、展覧会出陳も少なくなって来ているというのは全体的に言えるようですよね。チュプ家あたりは農家さんばかりで、昔は北海道犬を番犬として飼っていた家も多かったようですが、時代の流れか大きな犬(といっても北海道犬は大型ではありませんが)ではなく家の中で飼える犬を求める人が農家さんでも多くなってきたようです。または洋犬種など。
躾の仕方や犬と人間との関わり方も人間社会が変化していくのと同様、昔とは変わって来ているので、和犬種の飼い方等もそういったことも踏まえていかないと残っていくことも難しいのかなという気もしてきています。
もちろん、家周辺で飼い主と犬だけでそれほど他とも関わりなく生きていく場合においては気にしなくてもいいことだと思うのですが。。

天然記念物とはいえ、国から補助が出ているとかそういうのもなさそうで
繁殖する方々と飼う方々の努力によって種が残り続く事ができるという事を
本当に大事にしていかないとと思っています。

とはいえ若輩の言葉なんで大きくは出せませんけれどね、、(^_^;)

飼い始めて月日もまだ半年足らずですが、北海道犬は頭もよく気配りもできて、物静かで聞き分けの良い、いい子だと感じています~☆
yuko(チュプ家)さんへ
展覧会も重要だけど、のめり込めるのはわずかな人たちです。
出陳数が減るのは仕方ないことでしょう。
我が家もどこまで出来るか…?
北海道犬の気質を残さなければ…と言う気持ちもわかりますが、
日本のワンコ事情は、近年変化してきているので、
和犬の良い所を残しつつ、現在のライフスタイルに適応させて行くのも必要なんじゃないかと私は思っています。

我が家の周りにはどんな大型犬でも室内飼いが主流です。
猫が家の中で過ごす今、犬だって進化していかなければ生き残れません。
でないと、田舎でしか飼えない犬になってしまいます。

北海道犬=気が荒くて飼いにくい…と言うイメージを壊したいです。
育て方・飼い方次第だと思います。
猟に使うなら、それなりの訓練をすれば良いし、
家庭で飼うならば、余分な闘争心を減らしてやれば良いのです。
それは「犬育て」と言う意識を人間が変えていかなければ出来ないですね。

小さな声でも、今現在実証しつつある花&花鈴の様子を見ていただいて、
北海道犬を理解してくれる人が増えるよう頑張ろうと思います。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。