拾い食いはしないよ。

  • Day:2012.02.16 17:00
  • Cat:日常
しばらくは、写真のアップの都合で1日遅れの記事内容になります。


昨日は、雲が多く、寒々しい空でした。
それでも、一時は10℃まで気温が上がったようです。
プリンターのインクと用紙を購入するお店に行くついでもあり砧公園方面へ…


2012.2.15砧公園1


2012.2.15砧公園・花


2012.2.15砧公園・花鈴


まずは広場でゴロゴロしたり、ガウガウ追いかけっこしてウォーミングアップ。

その後、公園奥にあるお散歩コースへ向かいました。


2012.2.15砧公園2


お散歩コースとは言え、
考えようによっては公園のメインの広場から隔離されているような感じなので、
お散歩時間で公園内にはたくさんのワンコが来ていますが、
このコースを歩く犬にはお目にかかりません。
逆に考えると、他の犬を気にせずにリードを緩めて歩けるので、母は好きな場所です。


途中、花と花鈴の2頭がやけに臭い嗅ぎしている場所がありました。

呼び寄せてから見てみると…


2012.2.15砧公園3


ジャーキーのようなものが落ちていてビックリ!

昨日いただいたコメントで「花と花鈴は落ちているものに執着しませんか?」
と尋ねられたので、今日の話題にさせていただきます。


北海道犬のブログ仲間さんだけではなく「拾い食い」はみなさん悩んでおられます。
花が散歩し始めた頃も、
思ったより道路にゴミが落ちていることに驚きました。
丸めて捨てたティッシュペーパー、煙草の吸殻、スーパーの袋、
ハンバーガーショップの食べた後の袋、野良猫にあげるために置かれたネコ餌…等々。

ゴミ…と人間は思っても犬にはそんな事はわかりません。
「なんだろう?」
「良い匂いだな~」
「食べられるかな?」
犬の口は、人間の手の役目もする…そうなので、
舐めたり、口に入れてみたりは当たり前なんですね。
確認しているんです。

「それでお腹が痛くなる」とか、先のことは考えないんですから仕方ありません。
でも、食べてしまっては困るものがたくさんあるわけで、
そこで、あわてて取り上げようとすると逆効果。
取られまいと口の中に押し込むことになってしまいます。

花は、飲み込むことはしない子だったので、手を突っ込んで取り除いたりもしましたが、
気にしそうなものがあったら先廻り。
「名前を呼んでオヤツ」をしてました。
興味津々なものからこちらに注意を向けるためには、
日頃から名前を呼んだ時に、
こちらに意識を持ってくれるようにしておかなければいけません。
暇さえあれば、そんな練習をしてました。
オヤツは小指の爪程のもの。

でも、頭が良いので(笑)次第にオヤツ目当てになってしまい、
「いつ呼んでくれるのかな?」と呼ぶ前にこちらを見てしまったりすることもありました。
オヤツよりも魅力的なものがあれば、耳だけで首まで振らない…なんてこともあります。
それでも完璧とまではいかないかも知れませんが、
おかげさまで拾い食いで困ってはいません。

花は、ほぼ大丈夫で、
花鈴は、鍛練中と言ったところでしょうか?
とにかく母が先に見つけること…「ゴミだよ~」と声かけすると、
一瞬間がありますが、避けるようになっています。

いつだったか、花が木の植え込みの中に顔を突っ込んだ後で、
鶏の唐揚げの食べ残し(骨あり)を咥えながら母を見ました。
思わず「ダメ~!」と叱ってしまいそうでしたが、
「ゴミちょうだいね」と言ったら口から離してくれました。
モチロン、代わりのオヤツをあげました。
オヤツは、すかさずあげないといけませんので、
初めは、手に2~3粒握りながら散歩してました。
そのうちに、オヤツ入れから出す時間は待てるようになっていますし、
その場であげなくても大丈夫です。


昨日も、匂い嗅ぎしているだけで済みました。


2012.2.15砧公園4


もう一度ここに来ても、食べようとはしませんでした。
(これは花です)


2012.2.15砧公園5



コースの半分ぐらいの所に、バードサンクチュアリがあります。
その前で菜の花が満開でした。


2012.2.15砧公園6


あいにく、その先が改修工事で行き止まりだったので、
そこからは、公園の外の歩道を歩くことにしました。


2012.2.15砧公園7


この辺りは歩道も広いので、楽しみながら歩くことが出来ました。


周り終えて、先程は通らなかった広場を通って、
この公園の梅の木も見てきましたが、つぼみが膨らんだところで足踏み状態な感じでした。
区の情報によると、数輪は開花しているとのことでしたが、
薄暗くなっていたので確認できませんでした。

今年の梅の花は、2月下旬~3月始めにかけて満開になりそうです。
それに準じて、桜の花も遅れそうですね。





「ポチ」っと応援お願いします♪
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村               


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
拾い食い対策、しっかりされているんですね!
キシュウは、ネコフードも食えるものだと気づいてしまいました>< いつも行く公園はネコが多いので、食べ物もいっぱいで、最近よく拾い食いしてます。
以前、「拾い食いしそうになったらオヤツ」を実践したら、キシュウにもすごく効果がありました。
わたしがオヤツを忘れるのが難点です!またがんばりまーす!
  • 2012/02/16 19:02
  • kei
  • URL
  • Edit
No title
花ちゃんも花鈴ちゃんもえらい!
ヨシアはまだまだです。
名前を呼んでおやつはやっているんですが、
何か見つけた瞬間、名前を呼ぶと急いで咥えますv-292
それが、食べ物でないことが多くて、困ります。
絶対に自分から出すことはしません。
なので、おやつをちらつかせながら、やさしく声をかけながら、
口に手をやって、口に手を入れて取り出します。
これでも進歩なんです。
前は口に手を近づけたら噛まれてましたから・・・。
早く、花ちゃんたちみたいに自分から離すようになって欲しいです。
keiさんへ
毒入りのえさをばらまく人間がいたりしますからね。
「待て」とか出来なくても「これだけは…」させません。
ネコフード…何粒かは食べてしまったことあるだろうけど、
今は、すぐ食べませんよ。
私がよそ見してたら…わかりませんけどね(笑)

名前もね善し悪しなんです。
優しい呼び方では、聞く耳持たないです。
だから、名前で叱ってはいけないんだけど、
そんなことでへこたれる子たちではないので、口調を変えてます。
他人から見たら叱っているようにも見えるかも…です。
シーままさんへ
ままさん、凄いです~
なかなか口に手を入れられる人は少ないです。
1度噛まれたりしたら余計です。
ままさんの思いが少しずつヨシア君に伝わるようになると良いですね。

我が家は、先代犬(秋田犬・オス)での失敗があったから今があります。
試行錯誤しながらですが、犬育てを楽しみましょうね♪
No title
 拾い食い対策、なかなか難しいですね。
我が家は朝4時半、夕方6時の散歩なので今は暗く
落ちている物が見えません。
先代犬は3才で毒物に当たり急死してしまったので散歩には
とても気を使いましたが、リュートは匂い嗅ぎは頻繁にするのですが
拾い食いはほとんどしません。
犬の個体差によるのでしょうが、リュートは食べたことのない物は
何度も確認しながら時間をかけて食べます、なので暗い中での散歩
でもある程度自由に歩かせられるので助かってます。
  • 2012/02/17 08:28
  • リュートの親父
  • URL
No title
「拾い喰い」は悩みますねぇ。
今の一番の悩みは「拾い喰い」かも・・・。

仔犬の頃は口に手を入れて出していたんですけど、「絶対に取られたくない・・・」という意識が強くなってしまって、今は口から取り出すのは難しいです。取り出そうとすると飲み込んでしまう・・・という結果になる時も。
人間がゴミを先に見つけて口に入れさせないようにするのがいいのでしょうけど、犬も見つけるのが早いですものね。

私もオヤツはいつも持って歩いて、「名前を呼んだらこちらを見る」を頑張っています。
ほとんどは「ペッ!して」というと口から放しますが、執着するものだと「オヤツよりこっちがいい!」と思うようです。

毎日の繰り返しですね。
参考になる記事を有難う!
  • 2012/02/17 08:53
  • フーカママ
  • URL
  • Edit
No title
そうそう、ソレなんですよ~。飼い主が見ていないところで何か「カリッ!」とか言って食べちゃった後、どうしたら良いのか…。猫エサの時もあるし、子供のオカシのときもあるし、オヤツは歩いている途中で(たぶん飽きた時)振り向いて「くれんの?」って顔で見るし…。
二頭持っていて、良く目が利くな~と感心しきりテス。私にはできねぇ~恐
散歩は対話
話題にしていただきありがとうございます。

私は、叱ることもしています。
でも、行動の先読みと、イヌの気持ちになるのが、拾いぐいだけでなく、どんな場合も大切なのでしょうね。
白花母さんの名前を呼ぶも、行動を起こす前の先読みがあるのだろうと思います。

暗い中を歩くときは、視力も落ちてきているので、オーバーかなと思いつつも、ヘッドランプを必ずつけるようになりました。
禅の後頭部とその先にある小さなものを見逃さないように。
  • 2012/02/17 12:03
  • ryuji
  • URL
  • Edit
リュートの親父さんへ
リュート君も口に入れるのは慎重派ですか?
花も花鈴もそうですね。
だから、注意するにも余裕があって助かりますね。
でも、何が気を引くかはわからないので、気は抜けません。
我が家は室内飼いなので、家の中の危険にも注意です。
結構大変です~
フーカママさんへ
ソラ君も拾い食いしちゃいますか?
「オヤツよりこっちが良い」って気持ちもわかりますね。
オヤツは、いつでももらえるから、変わったものの方が興味をそそられる…
「いくら大好きなお母さんでも、これだけはあげないよ~」って思っているのかな?(笑)

オヤツは、つい何でもない時にもあげてしまうので、特別なものになっていない…と私は思いました。
なので、意味を持って与えることにしています。
(私なりの…ですが)
だから「名前を呼んでオヤツ」が有効になるのかな?って思いました。
「拾い食い」の時だけでなく、
困ったことをしそうな時とか、しちゃった時とか…
応用の幅は広いです。

それでも、興奮がMAXだと声は届かないこともあります。
そんな時に、優しい口調では何度呼んでも聞こえないみたいなので、
厳しい口調で興奮を遮るような呼び方をします。
普段と違うことに「ハッ」と気づくようです。
これは、私のオリジナルなので、
その犬と飼い主さんの繋がりによっては逆効果になりますから真似しないでくださいね(笑)
リイチさんへ
オヤツは、フーカママさんへのコメントでも書きましたが、
犬の希望通りにあげていては、肝心な時に使えないと思うのです。
だから意味を持ってあげることにしています。

ロングリードで自由に歩かせるのは、やりたい放題させて良いわけじゃないですよね?
家から出てから帰るまで、引く人が主導でなければいけないと思うのです。
ルールが必要かな?…と、
公園の広場に行ったら「自由に遊んでいいよ」…とか、
「ヤメ」の合図があったらやめるようにするとか…
この道路は車が多いから端に沿って歩かせるとか…
「拾い食い」は、その延長なんです。
失敗をさせないためには先廻りが必要です。
その為の手段として、私にとっては「オヤツ」は大事なんです。

それを踏まえると「飼い主が見てない所で…」はあり得ないんです。
それは2頭になって大変だけど、何とかなっているようです。
ryujiさんへ
私も叱りますよ~(笑)
声を荒げます。
それは、人によっては叱っているように見えるかも知れないし、
怒っているようにも見えるかも知れません。
が、人からどう見られても良いのです。
この子たちに声を届かせるためには必要だと思っています。

「叱らないしつけ」と言うのもありますが、私には出来ませんでした。
犬の性格にもよりますが、
この子たちにはハッキリした方が迷いが無いような気がしてます。

散歩は対話…
まさにそれを感じます。
ただ歩かせれば良いものじゃない。
なんとなく意思が通じたような感じがした時があると嬉しいですね。

禅君とryujiさんが歩く姿…目に浮かびます。
名菜ちゃんよりは、確実にパワーがついて来ると思いますから、
負けないように頑張ってくださいね。
No title
「叱る」とか「怒鳴る(声を荒げる)」。
どうしても使いますよねぇ。
こちらが興奮して怒鳴りたてるわけではないけど、いつもよりきつい言い方をすると「アッ!お母さん本気だ…」と思うのか止めてくれます。
その辺の使い分けが難しいのかも。

散歩途中でお座りして「オヤツ頂戴!」なんて言った時に「今はあげない!」とちょっと強く言うと諦めます。
本気度を見透かされているようですね。
褒め言葉と制止する言葉を上手に使い分けられたらいいのかなぁ…と感じます。

ワンコも良く飼い主を観察しているのよねぇv-397
  • 2012/02/18 13:40
  • フーカママ
  • URL
  • Edit
フーカママさんへ
「叱ってはいけない」…ってとても難しいことですよね。
そこに至るまでの関係づくりが出来ていれば、良い悪いはハッキリした方が良いと思います。
まだまだ若いうちは、犬も試し続けるんでしょうね(笑)

でもだからって、強制訓練はもっといけないと思っています。
飼い主のみならず、人間との関係に響いて来ると思います。
それで従われても私は嬉しくないです。
その結果、うまく社会化出来ている犬にはお目にかかったことはありません。

要求は、満たしてあげることも必要だけど振り回されてしまうのはダメだと思います。
ここまで…の線引きをハッキリと、うやむやにしないことですね。
優しさ=何でも言うことを聞く…と勘違いしている人もいます。
「犬に支配されている」なんていうのは、そこから来るのでしょうね。
犬は「支配しよう」とは考えていないでしょうが、
「どう要求を満たしてもらおうか」と、いつでも見ていますよ(笑)
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。