カヤック犬誕生?…その3

最近、季節の変わり目になるとジェットコースターな陽気になります。
一昨日、30℃超えの真夏日。
昨日、20℃の梅雨冷え。
そして今日は、27℃の早くも梅雨の中休み的な晴天。
プールに浸かって体を冷やした母娘でした。
夕方になって、梅雨空が戻りムシムシになってきました。

**********************************************************************

カヤック初体験のつづき、午後は湖編です。

お昼の休憩が終わって、
B班と入れ変わり、湖へと車は向かいます。


2012.6.7 PM 湖に到着


こちらでは、父&母、花&花鈴、みんなで乗ることにしました。
先程とは違うカヤックをチョイス、
初めは、レクリエーションカヤックです。

プラスティックみたいな素材で、
2人&2頭でも充分なユーティリティーでした。


2012.6.7 PM 一緒だよ~


2012.6.7 PM 花
          花


2012.6.7 PM 花鈴
            花鈴


二人乗りの場合は、漕ぐ人が後ろがベストだそうです。
川と違って流れがないので、ノンビリプカプカと漂うのも楽しいですのですが、
今回は、ダム湖、体験用の小さな湖だと、
川と違って景色の変化が少ないので、一回りしてカヤックをチェンジしました。


2012.6.7 PM カヌー1


2012.6.7 PM カヌー2


2012.6.7 PM カヌー3


次は、ホントのカヌーです。
カナディアンカヌーと呼ばれています。
長期ツアーのための積載物を乗せるため、大きな作りになっています。

シングルパドルなので、船体をまっすぐ進ませるのが大変です。
が、父は、このタイプも体験済みだったので余裕で漕いでました。
これが川だと大変そうですけど…

前述の通り、今まで乗ったものより大きくて広いです。
こんなにスペースがあると、花鈴のウロウロが忙しくなり、
花も動き出してしまいました。

写真のように、右側~左側へと2頭が移動すると、
30kg超のバランス移動となり、とってもスリリングです(笑)

本当は、漕ぎ手と同じ方向を向いて座っていた母ですが、
向きを変えて父と対面する感じで、間に花&花鈴を乗せました。

次は膨らますタイプのビオビオ。


2012.6.7 PM ビオビオ・花
                花


2012.6.7 PM ビオビオ・花鈴
                花鈴


とてもしっかりしたゴムなので、
花&花鈴の爪位では破れない(当たり前?)
ただ、船のヘリに幅があるので身を乗り出したくなるようです。
そうなった時、気をつけないと滑りやすいです。

構造上、船底(横?)に穴が開いていて水が少し入ってくるので、
足が濡れているのも滑る原因かもしれません。

花鈴がウロウロして滑り落ちた時、
花も巻き込まれてドボンしちゃいました。


2012.6.7 PM アルフェック


最後に、川で乗ったアルフェック(布仕様)
これも二人乗り仕様に出来ました。
今回は、父が前で漕いでみました。
狭いので同乗者が写すのはこれが精一杯です。

イロイロ試して、
みんな一緒に乗っているのが一番だと言う結果に終わりました。

花鈴が慣れるのかどうかは、何度かやってみなければわかりませんが、
彼女は、性格上こんなものなのかも知れません。
そんな性格が獣猟競技に良い意味で現れている気もします。

花と一緒にいる以上、巣立ちと言う意味で大人になれないのかも知れません。
パニクらない程度に、これからもイロイロな経験はさせて行こうと思います。

一通り試乗が終わったところで、
東日本大震災を受けてmont-bellで開発した商品の説明がありました。


2012.6.7 PM 防災救命具3



2012.6.7 PM 防災救命具1


2012.6.7 PM 防災救命具2


学校などで、普段は座布団にして備えておける防災頭巾ならぬ、
防災ライフジャケットですね。

津波は、水の恐怖は元より、
一緒に流されてくる瓦礫などの障害物が怖いです。
頭を保護するために確実に仰向けに浮くような構造です。
胸には笛がついています。

この震災で得られた教訓の中に、
全てに於いて、最悪のことを考えて備えることが必要だと知らされました。
人間が想定する事には限界があります。
予想出来ない大きな自然を相手に、
またいつか来るであろう災害に備えることは必要だと思いました。

母も試しに湖に入ってみました。
花&花鈴を誘いましたが(笑)…


2012.6.7 PM 泳いで見る?
             踏ん張って飛び込みません。


お尻を押されてドボン。


2012.6.7 PM
             焦って戻ろうとしますが…


母が再度引き寄せたら…


2012.6.7 PM 必死に泳ぐ花鈴


2012.6.7 PM 必至な花鈴


ライフジャケットのおかげで浮いているのがわかりますか?
焦らなくても良いのに本犬たちは必死です。
でも正直言うと、水温が思ったより低かったのです。
あまり長時間浸かっていると、危険な感じでした。
笑っている場合じゃないですね。


午前午後と一日かけてのイベントは、無事終了しました。
楽しい体験でしたが、
個人で所有して川を下りまくるのは、我が家には無理ですね(笑)

一般向けのこう言うイベントは、mont-bell始め各地で行われているので、
また、機会があれば乗ってみたいです♪




「ポチ」っと応援お願いします♪
     ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村               

北海道犬 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
花ちゃんは慣れているのか?落ち着いた顔つきですね。
花鈴ちゃんは爛々と目が輝いてますね。
記憶に焼きつくんだろうなぁ~。

夏での山遊びはダニが凄くて、ちょっとキツイです。
川遊びや海遊びにしようかな?
暇なうちにもっと遊んであげたいです。
蝦夷マタギさんへ
これからの季節、野山の虫は仕方ないですね~
最近の北海道は暑いし…
翔ちゃんはじめ、みんな水OKなのですか?
蝦夷マタギさんなら、楽しそうなこと思いつきそうだし、
北海道なら穴場がたくさんありそうでうらやましいです。
仕事の時は、仕事に頑張って、
遊べる時は、どんどん遊んじゃいましょう♪
No title
防災頭巾ならぬ「防災ライフジャケット」!
良いですね。
自然災害は本当に怖いけど、自分で防災の準備だけはしておかないといけないのかもしれないわね。

一口にカヌーと言ってもずいぶん種類があるのね。
暑い時は水遊びも楽しそう。

最後の湖には花ちゃん親子は飛びこまなかったの?
高さがあるから怖いのかしら。
  • 2012/06/11 20:32
  • フーカママ
  • URL
  • Edit
フーカママさんへ
自分の住んでいる地域に何が起こるのか?
それを見極めることからはじまります。
我が家の場合は、地震による火事が怖い地域になるのかな?
年月がたつと風化してしまいがちですが、
どんな形かはわからないけど、
どこにいても何か起きるってことは忘れないようにしないといけないですね。

カヌーの種類を簡単にしか説明出来ませんでしたが、
いろんなものが出ているんですね。
きれいな水の上だから、公園のボートより断然気持ち良いです。
ただ、スキーと同じで日焼けの対策は必要です。

飛び込みはしませんでしたね~
深いってわかるんでしょうか?
みんなにお尻を押されてのドボンでした(笑)
No title
いろんなカヌーに挑戦されたのですね。

いろんな意味でとても参考になりました。
お疲れ様でした~。

モンベルさん、岡山でもやってくれないかな~?
  • 2012/06/13 09:18
  • yumin
  • URL
yuminさんへ
カヌーの種類は、まだ他にもあるようですよ。
どれが良いのかは、自分で乗って確かめないと決められないでしょうね。

モンベル・アウトドア・チャレンジは(M.O.C.)、
関西が奈良吉野川、四国が四国吉野川をベースに開催されていますよ。
詳しくはHPで…http://event.montbell.jp/

この夏、体験してみてはいかがですか?
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。