さようなら 名菜ちゃん

今日、2回目の更新です。
これは、母と花から「名菜ちゃん」への追悼の気持ちを書いたものです。




昨年の夏、北海道へお里帰りの旅をした時、
ブログを通じて知り合った北海道犬の「名菜ちゃん」と言う子と会いました。
花とは、ほぼ同じ誕生日でした。

飼い主のHN:竜二さん(当時のHNは、遊歩さん)は、
定年を迎えたのを機に、犬を飼い始めた方でした。

何度かのコメントだけでの交流でしたが、
遠回りになっても花と会わせたいと思った母でした。


その時の様子は → 5日目名菜ちゃんと…



その名菜ちゃんが、先週末、突然亡くなりました。
2才と2ヶ月。
あまりにも早すぎる死の知らせでした。


また、いつか、会いたいと思っていたのに…





2010.9.1名菜ちゃんと花1




初めて会ったのに、昔からのお友達のように遊んだ2頭。




2010.9.1名菜ちゃんと花2





2010.9.1名菜ちゃんと花3




遊んだ後は、姉妹のようにずっとお話していました。



楽しい時間はわずかでした。
写真もこれしか撮れませんでした。

でも、会えた時の瞬間は、昨日のように覚えています。
花はとっても嬉しそうに走って行きました。
名菜ちゃんも花に近づいてくれました。

夕暮れの中、竜二さんと去って行く後ろ姿が今でも目に焼き付いています。


それだけしか思い出を作れなかったのが悔しいです。



名菜ちゃん、またいつか花と遊んでね。

ありがとう名菜ちゃん…さようなら。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle
あの 名奈ちゃんですか?
まだ若いのに・・・どこか具合悪かったのでしょうか?
花ちゃんと初めての出会いなのに 一緒にかけっこし お別れを惜しんでいたあの名菜ちゃんが ですか?

私達と別れ 出会いを楽しみに札幌に向かった・・・
何だか 若いのに虚しいですね。
  • 2011/06/22 08:41
  • 紅 ママ
  • URL
NoTitle
ワンも人も寿命は決っているのでしょうかね・・・

家族でいた時間は、短いですが記憶はずっと残りますよね。

天国で、いっぱい、いっぱい遊べますように。。。
  • 2011/06/22 11:02
  • 天・神・綸の、パパママ
  • URL
紅ママさんへ
あの名菜ちゃんです。
もう一度、もっと時間を作って遊びたかった…と、思っていたのに。

命は、いつか尽きるとはわかっていても、
事故でもない限り、こんな突然の別れがあるとは考えた事もありませんでした。

でも、何故名菜ちゃんだったんだろう?
悔しいです。
天・神・綸の、パパママ さんへ
出会いがあれば、別れがある。
生あるものは、みなそれぞれの運命が決まっているのでしょうが、
わかっていても悲しいです。

とても良いペアだったのに…悔しいです。
早すぎる・・・
2歳と2か月でお別れしちゃうなんて・・・。
あまりにも早すぎますね。
生まれた時から決まっていた寿命・・と考えるようにしなくちゃ!と思っても早すぎる別れは辛いですね。

愛犬との思い出は時間ではない・・。どれだけ愛して暮らしたか・・が大事。
言葉はいくらでも並べられるけど、失った時の悲しみは言葉になりませんよね。

飼い主さんのお気持ちを思うと涙が溢れます。

きっと天国で元気に走っていると信じて。

いつかみんなでそこで再会して遊べる日が来ることを信じて。

名奈ちゃんのご冥福をお祈りします。
  • 2011/06/22 13:41
  • フーカママ
  • URL
  • Edit
あぁ~
早すぎますねぇ
飼い主さんの気持ちを考えると・・・辛いですね。

何頭もの犬と別れて来たけれど、1頭を除いて寿命だったんです。
それでも悲しいのに突然の別れは悲しすぎます。

今の自分に置き換えたら・・・昴流が今急逝したら・・・

飼い主さんにおかけする言葉もありません。
  • 2011/06/22 16:51
  • みやこ
  • URL
  • Edit
分かち合って
北海道犬の良さを分かち合えそうな気持ちがして、ブログに訪問させていただいていました。
そのご縁で、時間も場所も細かく決めなかったのにお会いすることができました。

母となった花ちゃんの成長を遠く離れていながら、いつも名菜にも当てはめていました。

近くにいらっしゃる保存会の方々も不思議そうにする逝き方でした。
名菜がお世話になっていた獣医さんにその時の様子をお話すると、元々持っていた病が急に発症したと考えるのが妥当なようです。

でも、どう考えても割り切れない気持ちです。
そんな気持ちを察していただき、あの日の姿を載せていただき、感謝に堪えません。

たくさんのイヌたちと駆け回った名菜でしたが、花ちゃんとのあの日は特別でした。
  • 2011/06/22 19:01
  • 竜二
  • URL
  • Edit
フーカママさんへ
早すぎます。
私は、2年前に花が来た時に、フーカちゃんの事を知りました。
まだ、ブログも始めていない時で、コメントの外側で見ているだけでした。
その時も早すぎる…と、呟いていましたが、今また…
(思い出させてゴメンナサイ)

辛いけど、残された者は、元気を出さなければ、
逝った子は、安心してあちらで遊べませんよね。

いつか、また会える時まで、今ある命を大切に生き、育てたいと思います。
みやこさんへ
そこにいる命を当たり前だと思っていてはいけませんね。
天変地異もいつあるかわかりません。
1日1日を大事に、花と花鈴と過ごして行きたいです。

でも…悲しいです。
竜二さんへ
あれから1年経っていないのですよね。
秋が来て、冬になり、春が訪れて…
前田森林公園の四季の移り変わりの中にいた名菜ちゃん。
今も、森の中を走っているんじゃないかと思ってしまいます。

僅かな時間しか会えなかったけれど、あの日会えて良かった。
もっと会いたかったけれど、一度でも会えて良かった。

本当にありがとうございました。
名菜ちゃんは、逝ってしまったけれど、花と花鈴の毎日はまだ続きます。
今までのように、2頭を見守っていただけたらうれしいです。

そして、名菜ちゃんがいなくても、竜二さんは歩くことを止めないでくださいね。
竜二さんが歩く所には、きっと名菜ちゃんがついて来ていますよ。
だから…ブログもやめないでくださいね。お願いです。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。