ワクチン接種&爪切り

  • Day:2014.03.10 21:01
  • Cat:日常
少し前の天気予報によれば、
明日(11日)から暖かくなるようなことを言っていましたが、ちょっと遅れそうです。
予報士さんの一番新しいコラムによると、
この寒気は水曜日から和らぎ、金曜日には一時的に寒の戻りがあり、
その先でやっと春の日差しが強まるそうです。
今年は、数十年ぶりの降雪がありましたが、
3月のこの陽気も30年ぶりの寒さだそうです。
そろそろ、厚い上着は脱ぎたいですね〜

先週の土曜日、竜牙と花鈴のワクチン接種をして来ました。
本当は、竜牙は2月中旬が接種日だったのですが、展覧会後に遅らせて、
花鈴が、3月中旬だったところを早めて、一緒に受けることにしました。
ついでに3頭の爪切りもお願いすることに…

2頭の時までは、母一人で病院に行けましたが、
3頭となると迷惑にもなるので、父かお姉ちゃんがつきあえる時を選ぶしかありません。
土曜日、父に車に同乗してもらって、病院の前に駐車して、
1頭ずつ、診察室に連れて行きました。
母は、ワンの身体を押さえていたので画像がありませんが、
様子を記録しておきます。

まずは、竜牙。
体重は、20kg。
見かけはヒョロヒョロですが、牡らしくガッチリした体つきとなりました。

注射なので、体温を測って、聴診器をあてて、簡単な診察をしてから接種。
そして、爪切りは、母が首をガッチリホールドして、切ってもらいました。

竜牙は、それほど暴れることなく、終了。
注射は「なに?」って感じでした。
暴れはしなかったけど、爪切りは凄い格好でした(笑)
写真をお見せ出来ないのが残念なくらいな体勢で切ってもらいました。
でも、先生達に褒められて、診察台の上で、ご褒美の砂肝も食べられました。

次は、花鈴。
体重は、17.7kg。
もう1kg位締まると良いのかな〜と言う感じです。
花鈴は、検温、聴診器と進むだけで恐怖感でいっぱい。
ブルブル震え出してしまいます。
注射も、一瞬暴れて、針が折れそうになり、ホールドを強化しての接種となりました。

そして、爪切り。
後ろ足から終えて前足へ。
右側までは、なんとか切れましたが、最後の左足で「もう我慢出来な〜い」に…
爪4本中の1本切るのが精一杯でした。
残りの爪は、後日、お願いすることにして終了。
こうなると、ご褒美をあげても食べられなくなります。
診察台から降りれば、先生たちに怒ることもないんですけどね。

冗談で「麻酔をかけて爪を切るわけにはいきませんよね」と聞いたら、
「過去には、そう言う子もいましたよ」と先生。
和犬は、どうしても嫌がるので仕方ないみたいです。

最後に、花。
体重は、15.5kg。
こちらも体型からして、あと1kgくらい締まると良いかも知れませんが、
一時は、花鈴と同じくらいまで肥えてしまっていたので、
ここまで落ちてくれて良かったです。
花は、爪切りのみですが、せっかくなので聴診器をあてて状態を見てもらっておきました。
爪切りは、唸りますが、全ての足を切ることが出来ました。

今回は、画像が一切なかったので、
過去に、花が注射(この時は狂犬病)した時の動画をどうぞ…





花は、この時とほぼ変わりません。
花鈴は、交配前から神経質な所があり、交配後は、それが更に強くなってしまいました。
展覧会の衛生検査(歯牙検査)でも、それが顕著です。
竜牙は、仔犬の頃から診察台の上では、腰が引けてしまいますが、
しっかり押さえていれば、それほど大変ではありません。

先代の秋田犬(まる)は、お医者さんが全然平気だったから楽でした。
でも、それは稀だったようです。

こういう犬種を嫌がるお医者さんもいるようですが、
笑って受け入れてくれる病院なので、とても助かります。

次は、新年度(4月)になったら狂犬病の注射&フィラリアの検査です。
そして、花のワクチンが6月で〜す。


<オマケの画像>


IMGP0792.jpg
                  今日の竜牙


ワンズにとっては、この陽気が一番元気!!
梅も寒さに負けずに咲き続けています。
寒いから手袋をしていると、写真を撮るのが面倒で、
今日の写真はコレだけでした。


ランキングに参加しています。クリックお願いします♪
       ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
良かったら、こちらもヨロシク♪
       ↓

北海道犬 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定