花・手術は終わりました。

  • Day:2014.12.14 22:14
  • Cat:日常
昨日の午後、花の手術は、無事行われました。
術後に病院に行って、手術の説明を受けながら、
摘出した子宮&卵巣を見ました。

写真を撮って来ましたが、
気持ちの良いものではないので、ここには載せませんが、
クリニックの先生のブログ「小さな命と向き合って」で、
一つの症例として公開する同意をして来ました。
早速、公開されていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

   12/13付けの記事です ⇒ 「お母さん、頑張ったね!」


途中の画像が見えていないんですが、我が家のPCだけでしょうか?
今日は、お休みなので、明日聞いてみようと思います。





ウトウト状態の花に気付かれないように顔を見て来ました。

今回は、仔犬の頃にする避妊手術とは違い、
悪くなっての手術なので、術後の様子によって退院が決まります。
花の回復力に期待して、合併症のないことを祈る次第です。

お留守番の花鈴は、マイペースで元気です。





気がつくと寝てるので(笑)
こんな写真しかなくてごめんなさいm(_ _)m


ランキングに参加しています。
1日1回、バナーをポチッとお願いします♪
      ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

まずは一安心ですね
良かった。無事に手術が終わったのですね。

まずは、一安心ですね。まだ若いから回復も早いと信じています。

北海道犬には最高の冬になりますから、元気にモリモリ食べてよかったら宗北龍に会いに来てください(*^_^*)

お大事に。。。
花ちゃんの手術、無事に終わられて良かったです。安心しました。
花ちゃんの横たわっている姿・・・我が家の虎徹と重なってしまい、涙が滲んでしまいました。
あとは経過が良好で、退院の日が早く訪れるといいですね。
まだ麻酔が効いているようですが、それが切れた時に痛がったりはないのでしょうか?・・・我慢強い北海道犬のこと、じっと耐えるのでしょうか。
・・・私は出産の時にお腹を切ってまして・・・麻酔が切れた時の痛みを考えると、
「花ちゃん、も一つ頑張れ〜」と
エールを送りたくなります。
とにかく、早く痛みが取れること、経過が良好なことを祈ってます。
獣医さんのブログも拝見しました。
花ちゃんのお腹から出てきたもの、素人でも大変さが伝わってきました。、
  • 2014/12/15 05:47
  • ごんじまる
  • URL
手術も終わり一安心ですね。
後はワンの回復力に期待、速く元気にな~れ。
  • 2014/12/15 07:44
  • 栃木のリキ
  • URL
 大変な事になっていたようで、取りあえず無事手術が終わり良かったですね!
早く良くなって3匹で楽しいことを沢山しないと。
しばらく花鈴ちゃんは一人で退屈かな?
でもすぐにみんなそろって楽しくなるよネ~
お大事に。
  • 2014/12/15 12:58
  • リュートの親父
  • URL
ホクママさんへ
どうも、ありがとうございます。
とりあえずは,一安心です。
子宮蓄膿症は、普通の避妊手術とは違って、取ったら安心と言うものでもないようで、
炎症を起こした菌がどの程度体中に悪さを起こすかが心配なんだそうです。
なので、術後のケアが大事です。
若いから回復力は早いと思いますので、
合併症にも負けないでくれたら…と思います。

元気になったら、ぜひ、そちらにも遊びに行けるといいなあ〜♪
ごんじまるさんへ
見守っていただき、ありがとうございます。
麻酔が切れると、やっぱり痛いんだと思います。
そのせいか、翌日は1日ご飯を食べなかったし、おとなしかったようです。
でも、今朝はご飯食べてくれたそうです。
遠吠えもして、私を呼んだり…(笑)

ごんじまるさんは、帝王切開だったのですね?
それは、大変。
子孫を残すと言うことは、どの種でも命懸けです。
犬は安産とは言いますが、犬種によっては自然分娩が出来ず、
必ず帝王切開の犬もあるそうです。

おかげさまで、私は、まだ身体にメスが入ったことがありません。
なので傷口の痛みがわからないですが、
どんなにくっついても、一度切った所は今までと違うのでしょうね〜

花のお腹から出て来たものは、通常の子宮の倍以上の大きさに腫れていました。
今思うと、もっと早く疑えば…と、花には辛い思いをさせてしまいました。

今日は、花鈴と私の声に反応した花の声を聞いて来ました。
いつもと変わらない吠え方だったので、少し安心して帰って来ました。
栃木のリキさんへ
お見舞いをありがとうございます。
最近ブログの更新を怠けていたら、こんなことで書くようになってしまいましたね(笑)
後で、大変なことにならないように、1週間を目安に入院が続きます。

リュートの親父さんへ
お見舞いありがとうございます。
おかげさまで、今日はご飯が食べられるようになって、
順調に回復しているようです。

繁殖を考えてるワンコ、特にメスにはありがちな病気です。
ヒート後のホルモンは、交配の有無を問わずに出てしまいます。
個体差はあると思いますが、
道内の繁殖家さんのように適度に続けてあげた方が、
本来の役割を果たすので病気になる確率は低いのかも知れません。
未去勢のオスにもそれなりのリスクはありますので、
みなさんにも気をつけてもらえたら…と思います。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。