花の娘たち・4歳になりました!

今日、12月15日は、花が三頭の可愛いコッコを産んでくれた日です。



       生後37日目の娘達  画像右から … 花音・花鈴・キャンディ(花蓮)


4回目のお誕生日、おめでとう♪


花鈴の交配やら、花の入院やらで、なんだかバタバタしてしまい、
お誕生日らしい画像がありませんが、先日の雪の中の画像でお許しください。


2014.12.7 花鈴


母娘で歩いていると、
花が小柄なので花鈴がお母さんだと思ったり、夫婦だと思われたりします(笑)

なかなか運動管理が出来ないので、
展覧会的には「太り過ぎ」と言われてしまいますが、
健康に問題がない程度なら良いかな~と勝手に考えています。

そして、長女の花音からも最近の画像をいただいたのでご紹介します。



             (画像編集上、揃わなくてごめんなさい)


飼い主さまのお嬢様からのメッセージを抜粋させていただきました。

  写っている猫は隣りに住んでいる兄が飼っている猫で
  お互い綱をつけて遊んでいます。
  猫パンチをうけますが、ノン(花音の事)は猫が好きなようで
  玄関から出ると真っすぐ猫が出て来る窓に向かいます。
  
こちらも花鈴に負けず飼い主さまに愛されすぎて、
ちょっと体重がオーバー気味ですが(笑)
花音とキャンディは、仔犬のうちに避妊手術を受けているので、
体重コントロールが難しいのでしょう。
どちらも、飼い主さまにお渡しした時点で、
その子のことはお任せしていますので、
元気で過ごしてくれていれば良い…と思っています。

今回、画像が間に合わなかったのですが、
末っ子のキャンディ(花蓮)も「元気でいたずらをしています」とメールをいただきました。

今年も、みんな元気にお誕生日を迎えられたことに感謝しています。


そして…
花が、新たなその命を産み落としてくれたのが4年前の今日なわけで、
白花家にとっても、初めての経験。
そんな花母さんが、4年後に子宮(卵巣も)摘出するなんて、
あの時は想像もしていなくて、
機会があれば、もう一度くらい子育てをさせてあげたかったけど…

そんな花ですが、おかげさまで順調に回復しています。
お昼頃、電話で様子をうかがったところ、
手術の翌日(日曜日)は、ご飯が食べられなかったそうですが、
今日の朝、残さず食べられたようなので、一安心しました。

夕方、花鈴と散歩ついでに病院に寄って来ました。
病院に入るといつも、スタッフさんに声をかける花鈴。
その声と母の声が聞こえたようで、花が返事を返して来ました(笑)
花の声は、いつもの元気な声だったので、またまた安心しました。

「時々、遠吠えをしたり、
 排泄のための散歩では、家の方へ帰ろうとしたりするけれど、
 それ以外は、良い子でいますよ」

と言っていただきましたので、
花にはかわいそうですが、
母も顔を見られないのも寂しいけれど、
会って興奮してしまうのも良くないので、そのまま帰って来ました。

まずは、食欲の回復。
そして、排泄が戻ること(食べていないので、夕方の時点でまだウンが出ていない)
徐々に、全身の状態の回復具合を見ながら、
術後1週間を目安に入院は続きます。

花にお見舞いの言葉を、たくさん、たくさん、
本当にありがとうございました。
みんなで(竜牙がいないけど…笑)楽しくお正月が迎えられそうです。


昨日、ご紹介した獣医さんのブログですが、画像が出ない原因を聞いて来ました。
獣医さんなので、そのままの画像をアップしているわけですが、
ブログサーバーの管理者(アメブロの人だと思いますが)に、消されてしまうのだそうです。
それにもめげず、再アップするそうですので、時間を置いてから見てみてください。
楽しい画像ではないですが、運が良ければ、術中の様子が見られます。



ランキングに参加しています。
1日1回、バナーをポチッとお願いします♪
      ↓    ↓
にほんブログ村 犬ブログ 北海道犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

花ちゃんの手術も無事に終わり、体調も順調に回復しているようで安心しました。

犬は(人間も)外科的な手術には結構強いそうで、きっと早い快復になるでしょうね。
それでも1週間の入院なんですね。
寂しいけど元気で退院するのを祈っています。

花ちゃんの娘の3姉妹も4歳!おめでとう。そろって元気でお誕生日を迎えられて花ちゃんも喜んでいますね。

こちら連日の大雪です・・・。
  • 2014/12/16 15:58
  • フーカママ
  • URL
  • Edit
フーカママさんへ
大雪、お見舞い申し上げます。
暖冬と言ってたくせに、なんだかやっぱり気候がおかしいですね。
こちらは、まだ雨ですが、風が強く、竜巻注意報が出てるところもあります。

花は、順調に回復してくれています。
子宮蓄膿症自体は、取ってしまえば治るので、まずは一安心です。
後は、その菌が身体に影響を残していないことを祈るばかり。
血栓が出来ることもあるのだそうです。
だから、回復具合を見極めてからの退院となります。
早く帰って欲しいけど、急変することがあると怖いので、
病院が手を焼かない限り(笑)入院しててもらいます。

花の唯一のコッコたちにもありがとうございます。
これからも、ず〜っと一緒にお誕生日が迎えられると嬉しいですね。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。